ここでは、図録に関連した画像を展示しています。

 
        

通番

 図 録

撮影日

 備 考

44  都会の紅葉  2019/12/04  都立亀戸中央公園
43  信州そば 2019/11/29  上田市浦野
42  リンゴのクレーター 2019/11/29  上田市倉升
41  秋と春の混在? 2019/11/10  自宅近辺(鹿島)
40  大春車菊 2019/11/10  茨城県河内町
39  秋の名残? 2019/11/04  自宅近辺(鹿島)
38  コキアとバラ 2019/10/22  都立大島小松川公園
37  秋なのに ‼‼ 2019/10/20  自宅近辺
36  現行硬貨五種 2019/10/21  自宅
35  芙蓉:フヨウ 2019/10/08  都立亀戸中央公園
34  秋の景色です。 2019/10/02  都立大島小松川公園、及び旧中川土手
33  秋の定番です。 2019/09/25  都立大島小松川公園
32  日の出前;鹿島灘 2019/09/07  鹿島/自宅
31  信号機 復旧作業 2019/09/09  都道477号の交差点;自宅前
30  スイートアリッサム・四色 2019/09/01  大利根東公園
29  百日紅 2019/08/26  都営地下鉄・東大島駅付近
 


44.都会の紅葉 続き


43.信州そば
手打ちそばの
出来上がり
そば猪口、薬味、
そばつゆ
出来立てのざるそば 店の入り口


42.リンゴのクレーター
 このリンゴの初期段階に枝などの硬い
ものが当たり傷つき、その部分の成長は
止まったが、実自体は成長した結果、
凹状(へこみ)になったもの。
信州にも大きな被害をもたらした
台風19号での大風が木を揺らし、
枝が当たって傷ついたもの。


41.秋と春の混在?
#39の続編です。実の色がより濃くなっています タンポポです。
春の先触れ?


40.大春車菊


39.秋の名残?
咲き遅れた秀明菊 烏瓜:カラスウリ
古来、この実を切りその果汁(?)を足の
ふくらはぎに塗りつけると早く走れる、
と言う民間伝説があったとのこと。
自宅からの鹿島灘。
空が白く抜けている
何故だろう。


38.コキアとバラ
刈り取られたコキアは天日干しに、
この後の使用は?
 秋のバラ4種:銘は不詳です。


37.秋なのに ‼‼
10月も下旬なのに、ハイビスカスが
咲いている。そして、蕾も付いている。
朝顔の季語は秋だが、
まだ咲いている。
温暖化のため
歩道に落ちた
金木犀の花。
これが普通。


36.現行硬貨五種
昨日、同じ品物を2点購入して千円で支払ったらお釣りが556円でした。
それを受取り、それをよく見れば、現行硬貨5種の各一個づつ。
その偶然に驚いています。と言って、それ以上のことはありません。
また、5種の硬貨を見比べると、5円のみが漢字の表記、そして、発行年は裏面です。
因みに、ここにはない100円硬貨の発行年表示も表面です。


35.芙蓉:フヨウ
#34では、白い花をお目にかけましたが、今回は桃色です。
現時点では、一つの木に残っている花は数輪です。秋ですね。


34.秋の景色です。
芙蓉の花
盛りは過ぎています
が花の白さは
目につきます。
ウェールズで始まった
風習が、この国にも
定着しています。
ブラシの木の花
穂状の花が枝の
周りに咲いてブラシ
の様に見えます。
カヌーの練習。
高校生の部活です。
対岸ではハゼ釣りを
してます。


33.秋の定番です。
今年の彼岸花の開花は、遅いようです。
ここでは2本が咲いていました。
左とは別の花壇で咲いているのは
ごくわずか、殆どが蕾でした。
コキアは紅葉を始めていますが、もう少し気温が下がり、
全体がきれいに染まるのを待っているようです。


32.日の出前;鹿島灘
日の出8分前の鹿島灘沖
積乱雲が沸いている。
日の出の方向が分からない。
日の出5分前
空が赤く染まって来た。
日の出直前
この日の日の出は、5:13
快晴で暑い一日だった

31.信号機 復旧作業
風で動いてた信号機 修正作業中;作業員が手で押している。
信号機が取り付けられているアームは
この支柱に対して回転自由なので、
修復作業は短時間で終了した。
元に戻った信号機


30.スイートアリッサム・四色

29.百日紅
 近所を歩いていたら、チョット大きな木で花もたわわな百日紅が留まりました。


令和元(2019) 年5月~8月
平成31(2019) 年1月~4月
平成30 (2018) 年

玄 関 口