19/10/28   
   「金木犀」   
  関東の先週の水曜日(10/23)は、秋天と言ってよい青空でしたが、それ以外は日照なしの日々で、天候不順とも言っていい陽気続きでした。
  そして、台風15号と19号の後の雨降りと、21号に誘発された寒冷前線による大雨は、関東(特に千葉県)、東北地域の大きな被害に追い打ちをかける様相です。早く晴天の秋空続きとなって、復旧作業が進むようになって欲しいものです。

  ですが、昨近の台風被害の報道は19号のことばかりで、15号でのそれはほとんど伝わってきません。15号の襲来時の政府の対応には不手際(?)あり、非難されました。それを忖度しているマスメディアがその後の状況を伝えないのでしょうか。報道がされてないだけで、実際の対応に差がなければよいのですが、どうなんでしょうか。被害者への支援は公平に行われることを願っています。

 
    図録は、この時期の花です。都会でもこの木が、ご家庭の庭にも植えられているのが多いようで街中でもその甘い香りが漂ってきます。
  「中国南部が原産で、江戸時代に日本に伝わってきました。もともとはギンモクセイの変種です。本来は雌雄異株ですが、輸入された際に雄株しか入ってこなかったことから、日本にあるキンモクセイには実(種)がつきません。」
  また、「原産地の中国では、丹桂(たんけい)や桂花(けいか)という別名で知られており、観賞用以外にお茶やお酒(白ワイン)、お菓子、漢方薬など花びらを食用や薬用に扱える植物としても親しまれています。」とは、ネットの情報です(ウィキペディアではありません)。
 
令和元(2019)年10月20日(日):撮影