19/01/21   
 「宮島・大鳥居」
   昨日の21日は、二十四節気の“大寒(=一年のうちで一番寒い)”でした。東京では日差しがあって日中は暖かく感じました。ですが、全国的には暦通りのようです。

 ところで、横綱・稀勢の里が引退に追い込まれました。寂しいですね。然程の相撲ファンではないのですが、久々の日本人横綱でしたから、活躍を期待していました。それが横綱在位12場所で引退となってしまいました。
 引退会見で「土俵人生、一片の悔いもない。」と言ってました。ですが、横綱昇進後は怪我による体調不良での土俵続きでしたから、胸中の無念さは察してあまりあります。“無事これ名馬”と言われますが、残念ながらこの横綱もこれをを実証しましたね。


     図録のオモテは宮島と言えば定番のもの。厳島に渡るフェリーから撮ったものです。ウラは境内にある「千畳閣(豊国神社)と五重塔」の遠景。千畳閣は豊臣秀吉の命により建設が始められたが、その死亡により建設中止となり、そのままの形で現在に伝わっているとのこと。  また、五重塔は、応永4(1407)年、室町時代の三代将軍足利義満の時代に建てられたものとのことです。明治の初めまで神仏習合でしたから、この様な建物があるのは当然でしたが、ここを訪れるまで知りました。「百聞は一見に如かず」です。  
平成31(2019)年1月3日(木):撮影