19/01/07   
 「後楽園・大立石」
   関東は無降水日が続いていましたが、日曜日に初雪(降水量はゼロでした)があり、無降水記録は途絶えました。ですが、春から梅雨の頃までの水不足が気になります。関東の水源地域には雪が降っていますので、大丈夫なのでしょうか。その陽気のお陰で、日差しのある日中は暖かく感じます。と言っても、外出する時間が少ないので、そう感じるのは個人的なことかもしれません。

 ところで、国際的な一般論が通じないお隣さんには困りましたね。問題解決については“お前さんはもっと冷静になり、解決策を示せ。”って言ってます。“本気かよ”です。自らが問題を起こしているとは考えていないのでしょう。
 泣く子と地頭には勝てぬ」の例え通りのことになるのでしょう。ここでもじっと我慢です。杜甫甫ですね。


図録の大立石(オオダテイシと読みます)に関する案内板がこの石の傍らにありまた。その説明を転記します。
    「元禄4年に池田綱政(つなまさ)が運ばせた庭石で、大名庭園ならではの豪快さがあり、池の広さに見合っています。/花崗岩を九〇数個に割って運び、もとの形に組み上げたもので、当時の石工の技術の高さがうかがえます。」
とありました。
 初めて一見した時、どうやって運んだのだろうと思いましたが、この説明を見て、そういう手もあるのかと納得ですが、今なら如何ほどの費用が掛かるのだろう、なんて言うのを綱政公が聞いたら、「所詮、お前は衆愚の一人だ」でしょうネ。  
平成31(2019)年1月2日(火):撮影