1
19/01/07   
「姫路城天守閣」
 明けましておめでとうございます! 
 本年もよろしくお願いいたします。


 今日7日は、二十四節気の“小寒(=寒さが本格的になる)”となります。ですが、今年の冬は例年より暖冬気味の様です。
 そんな陽気の中、三が日に姫路・倉敷・岡山・広島の宮島を観光してきました。幸い関西地区も快晴続きで観光客や多くの地元の参拝する方々に交じっての行動でしたが、関西にある名所旧跡の観光をすることが出来ました。古来、「百聞は一見に如かず」と言われます。今回もこの格言通りであることが認識させられました。

 図録は、姫路城と言えば定番のものですが、ウラの図録は“官兵衛普請の石垣”と言われるものの部分です。姫路城は豊臣秀吉が中国征伐を信長から命ぜられて、この地に侵攻した際、当時ここの城主だった黒田官兵衛(この時は小寺官兵衛でしたが)から献上されたと言われています。
     その当時に作られた石垣が今でも残っている、驚くべきことです。このお城も現在の形になるまでには改築に改築を重ねてきたのですから、良く残されたれたものだと感心します。   今後もここが破壊・撤去させられることはありませんので、世界遺産に登録されていることをうれしく思いました。  
平成31(2019)年1月1日(火):撮影