18/10/22  
「ハロウィーン」
 先週末までの東京は曇り空の日々でしたが、昨日(10/21)は爽快な秋晴れの好天でした。今朝も気持ちの良い空です。今後の予報では秋雨前線も消え去り、秋晴れ曇ったりの陽気で寒さに向かって一直線とのことです、今年の冬はどのようになるのでしょうか。
 ところで、油圧機器「KYB」子会社で製造した免振・制振装置の検査データの改竄(かいざん)事件は、驚くべき・恐ろしいことですね。世界の機械・電機機器の製造基地を自認していた我が国において、「~~、お前もか。‼‼」です。
 国内では、10数年前から食品関係で偽装やら表示の改竄やらが多く報道されるようになり、記憶の範囲では、中国製の餃子で問題になった後で、人のことは言えないなと、と思っていました。そうするうちに、数年前からは自動車やら機械の大手製造業者によるデータ改竄等が報道されるようになってきています。“どうしちゃったのニッポン?”です。
 古いことを持ち出せば、TQCやISO9000などによる品質保証体制は、過去の遺物として廃棄したのでしょうか。決めたことを遵守するには、国家の規制がなければ出来ないなんて情けないことです。我が国は自由主義国家なのですから。
    図録は、近所の大島・小松川公園の管理事務所前に飾られているものです。このお祭りは、『毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、 現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。 キリスト教の祭ではない。』とは、ウィキペディアの解説です。
平成30(2018)年10月15日(月):撮影