18/08/13
木陰の読書
   先週火曜日の7日は二十四節気の“立秋”でしたが、台風12号のお陰で東京での最高気温は21.9℃の秋でした。そして、その台風12号は、列島の房総半島から宮城県の沿岸を北上したので、ちょっと涼しい日々続きホッとしました。ですが、週末には、暑さが戻って来ています。
 立秋過ぎですから、暑さは“残暑”という呼び方になりますが、実質は大暑の頃と変わりません。甲子園の野球大会も佳境で、暑さもしばらく続くかと思いますが、決勝戦以降には、涼しさがやってくることを期待したいですね。

 図録は、先週末の朝方の亀戸中央公園でのものです。日差しは強くっても木陰に入るととやや涼しく感じますので、気持よく本が読めるのではないでしょうか。
 ウラの画像は“マリーゴールド”です。名前の通りの花の色が、この暑さを印象付けてくれます。花の盛りはや過ぎた様なので、夏もそろそろ終りだと・・・。
平成30(2018)年8月10日(金):撮影