18/08/06
ペンタス
  猛暑日が続いています。とは言え、明日の7日は二十四節気の「立秋=秋立つ日。秋の始まり。」です。太陰暦に基づく節気と太陽暦の今日の陽気との一致感(?)は滅多ないのですが、この“立秋”の違いは、大きすぎるように感じます。そんな中、甲子園の野球大会が始まりました(百回目だそうです)。十四、五年前までは、この大会の決勝戦を迎える頃には、朝晩の風が秋を思わせて感じさせていましたが、近年はそれが消えてしまいました。今年はどんなことになるのでしょうか。

 図録は、先週と同様に亀戸中央公園で撮りました。熱帯アフリカ、アラビア半島原産の常緑性の宿根草で、星型の花は直径1センチに満たないような小輪ですが、傘状に30〜40輪咲くのでよく目立ち華やかです。
平成30(2018)年7月27日(金):撮影