18/07/30
日々草
  先週末は、列島の東海岸に沿って移動した“寒冷渦”とやらのお蔭で、上空に張り付いていた熱帯高気圧が移動し、やや過ごし易い陽気でした。と言っても、そう言えたのは関東や東北だけだったようで、西日本災害に遭遇した各地は熱波に襲れたままとのことでした。そして、先週初めに発生した台風12号は関東を直撃か、と予想されていましたが、これも寒冷渦の影響で西進し、西日本災害の上空を通り九州は北から南の鹿児島を経て、更に西に向かうとのことです。観測史上、初めてと言うこんな軌跡の台風12号、記録と記憶を残すものと思います。

 図録は、『マダガスカル原産で、熱帯各地、温帯でも栽培可能とのこと。初夏から晩秋まで次々に花が咲くので、「日々草」』とあり、更に、『日日草には、「ビンカアルカロイド」と総称される、10種以上のアルカロイドが、全草に含まれる。/そのうちの、ビンクリスチンとビンブラスチンには、細胞分裂阻害作用(チューブリン脱重合による)があり、抗がん剤として用いられるが、脱毛などの副作用・毒性があるので、素人の利用は危険。たんに食すると、嘔吐や下痢程度では済まないことになる。』 とウィキペディアにあります。
 亀戸中央公園で撮りました。
平成30(2018)年7月27日(金):撮影