18/01/08
弥彦神社
  「ハッピーマンデー制度」と称する法律によって、国民の祝日が変動するようになって暫くたちますが、この日の“成人の日”だけは未だに馴染まないですね。この制定は2000年から施行されていますが、それ以前は、毎年1月15日でした。成人の日をこの日でしたは、この日が小正月であり、かつて元服の儀が小正月に行われていたことによるといわれています。そして、この法律の第2条によれば「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨としている、とあります。
 この様な趣旨ですが、この日が年ごとにフラフラしている故か、“今どきの若い者は・・・”などと思うのは、老生だけでしょうか。

 昨年末から元日にかけ新潟の海沿いを旅してきました。新潟でもこの地域は雪が少ないとのことですが、やはり雪にはほとんどありませんでした。
 図録は、その際、撮ったもののです。オモテは神社正面の“一の鳥居”、ウラは“拝殿”です。一の鳥居をくぐってからは参詣の人々も少ないのかと思ったのですが、“随神門”を入ると境内は人があふれていました。ここに入ってから参拝するまでに30分近く掛かりました。
 今年もお正月を迎えられたことを感謝しました。
平成30(2018)年1月1日(月):撮影