17/07/24
モントブレチア
   関東ではじめじめした梅雨らしい雨降りの気配もなく19日の水曜日に“梅雨明け”(気象庁では“・・らしい、とみられる”の語尾が付されています)となりました。列島全体では線状降水帯、などと言う新しい用語で説明される集中豪雨で大きな被害が起こっていますが、平年に比べて全国的には“空梅雨”模様だったのでしょうか。
 東京の水瓶の荒川水系では、20%の取水制限が始まっています。秋の長雨まで雨降りはお預けの様子です。
 
 図録は、この時候では盛りを過ぎていますが、夏の暑さのダメ押し感のある花です。ネットの情報によれば「正式名はクロコスミア、学名:Crocosmia 。和名:ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)、その他の名前:モントブレチア、トリトニア」とあります。
 また、別のサイトでは、ヒメトウショウブ(姫唐菖蒲)とも呼ばれるとあります。花の名前は難しい。覚えられません。
平成29(2017)年7月5(水):撮影