17/02/20
水仙
  先週末の18日(土)は、二十四節気の雨水(雪が雨に変わり、雪や氷が融けて水となる)でしたが、その前日の金曜日には20℃を超える陽気で、街を歩いていたら、汗が出ました。
 諸事に反応劣化の体には寒さ、冷たさも応えますが、急激な気温変化も応えます。程々に変化を、と願いたいのですが、予報ではまだ寒さは続くとのこと。寒さももう少しの辛抱でしょうか。

 図録はこの時期おなじみの“水仙”です。ウィキペディアによれば、「多年草で、冬から春にかけて白や黄の花を咲かせるものが多い。草丈は、品種・環境によるが、15〜50cm程度である。以下、・・・・・」とあります。この時期に咲いているのは、“ニホンズイセン”とのことです。花に近づくと微かですがいい香りがします。
平成29(2017)年2月9日(木):撮影